2018年01月一覧

Mac:自作コマンドの使い方と置き場所

「自作したコマンドは財産です」 このように昔の偉い人が言ったのか、言っていないのか知りませんし、正直に申し上げますと今かめねこが思いついただけです。 そんなこんなで自作したコマンドをターミナルで簡単に呼び出して使うために実行許可を渡して、PATHを通してしまいましょう。 サクッとコマンド名だけで使える方が便利ですし、自作のコマンドをカタカタっと使っていると何となくほんの少〜しだけ進歩したような気分になる、それが自作コマンド!知らんけど。 新しく自作コマンドが増えた時のことを考えつつ、自作したコマンドを把握・管理しやすいように運用できたら良いなと試行錯誤したメモ。

ファイルが改ざん、破損?ハッシュ値で比較検証する方法-チェックサム

ダウンロードしたファイルは悪意のあるクラッカーな人たちによって改変、改ざんされている可能性が有るわけです。 "ねこ"画像のリンクからダウンロードしたのに"かめ"画像だった、これくらいなら良いですが、ツールをダウンロードして実行したらウィルスだった!とか辛いです。 そこでファイルの配布側は改変、改ざんされていない"ファイルのハッシュ値"を前もって公開しておく事で、ユーザーのダウンロードしたファイルが"本物かチェック"できるようにしてくれているわけです、優しい世界。 と、言うわけで簡単に確認できる方法をメモしておきます。

raspberry Pi3に複数のwifiへ自動接続してもらう

raspberry Pi3、手軽ですよね、お気に入りのおもちゃです。 お気に入りなので色々な所に連れて行くわけですよ、それこそペットのように散歩に出かけたりするわけです。 散歩中に構築した環境やサービスをサクッと使いたい!って時にモニターやLANケーブルを繋いだり、リモートデスクトップやSSHが使えないんじゃ意味がないわけです。 と、いう事で複数のWi-Fi設定を事前に作成して、自動的に自宅や外出先でサクッと繋がるようにしてしまいましょう、wpa_supplicantを使います。 所要時間:15分くらい

かめねこ広告
かめねこ広告




かめねこ広告